よくあるご質問(FAQ)

受講申込みに関して

◆受講の申込み方法を教えてください。

基本的に受講お申込みは弊法人のオフィシャルサイトの以下ページからお申込みください。

◆受講申込み後のプロセスはどうなりますか。

(1)受講料のお振込み

弊法人指定の銀行口座に受講料のお振込みをお願いいたします。

(2)受講希望日程のご確認

受講料の入金が確認できましたら、後日事務局からメールにてご希望の受講日程をご確認させていただきます。

(3)ご受講

ご受講当日は朝9:15までに直接ドローンスクールジャパンの潮見飛行トレーニング場にお越しください。

 

受講料に関して

◆受講料の支払いはどうすればよいですか。

弊法人指定の銀行口座へのお振込みとなります。

振込手数料はご負担いただくことをご了承ください。

 

◆キャンセル料はどのように発生しますか。

キャンセル料は以下に基づく金額をお支払いただきます。
受講日の4営業日前まで    0円
受講日の3営業日前以降    受講料全額

 

カリキュラムに関して

◆カリキュラムの受講すべき順序はありますか。

フライトコースはドローン操縦の基礎を学ぶ初心者向け、ビジネスコースはビジネスに必要な初級レベルの修得を目的としたカリキュラムとなっています。

基本的にドローン操縦の経験のない方はフライトコースからの受講をお奨めします。

 

◆ビジネスコースの受講可能レベルはどの程度でしょうか。

200g以上のドローンやラジコンヘリを10時間以上飛ばした経験のある方はビジネスコースからの受講が可能です。

 

◆修了試験はありますか。

修了するにあたって、筆記試験や実技試験はありません。

但し、飛行トレーニングの実技過程でクリアしなければならない項目がコース毎に設定されており、それらを規定数以上クリアして修了となります。

 

◆補習はできますか。

受講期間内に既定の項目を一定数クリアできなかった場合は、スキルアップコースという補習コースがありますので、後日このコースを利用して既定の項目数に達すれば修了となります。

 

 

ドローンスクールジャパンに関して

◆ドローンスクールジャパン日本橋校は国土交通省の登録校でしょうか

DSJ日本橋校は国土交通省登録の講習団体(=スクール)です。

 

◆実際に受講する場所はどこでしょうか。

JR京葉線潮見駅前にある潮見飛行トレーニング場にて受講していただきます。

 

◆受講人数

基本的に1クラス1~3名です。

 

◆受講時間

スクールの開始時間は朝9:30からです。

終了時間はクラスの受講人数により違い、おおよそ15:00から17:45の間となります。

 

◆受講にあたって自分でドローンを用意する必要はありますか。

受講に必要なドローンは弊校が無料でお貸しします。

 

◆開校日は週末だけでしょうか。

年末年始を除く年中開校しているので、平日でも週末でもいつでも受講可能です。

 

◆受講日は自由に設定できますか。

土日平日いつでも開校していますので、例えば、月曜日と火曜日の連日、土日曜日の連日、第一週の土曜日と第二週の土曜日、第一週の水曜日と第二週の水曜日というように、お客様のご要望に応じた自由な受講日程が組めます。

 

◆受講資格はありますか。

以下の条件のいずれかに合致する方は受講をお断りしています。

① 20歳未満の方
② 日本語の読解が出来ない方
③ 当スクールにおいて座学講習および実技教習に不適格と判断された方

 

◆授業は実習のみですか。

各カリキュラムは座学と飛行トレーニングの実習で構成されています。その構成比率はカリキュラムによって違います。

 

◆インストラクターはどのような人でしょうか。

ドローンスクールジャパンが規定する厳しいインストラクター養成コースを修了した質の高いパイロットがインストラクターとして教えています。

 

◆修了基準を教えてください。

カリキュラム毎に設定された既定の項目を、受講期間内に一定数クリアする必要があります。

 

◆服装はどうしたらよいですか。

受講当日は動き易い服装であれば大丈夫です。

 

◆各カリキュラム修了後の技術レベルの目安を教えてください。

フライトコースは初心者を対象とし、ドローンを飛ばすにあたり最低限必要となる知識と飛行技術が身に付きます。

ビジネスコースはある程度のドローンに関する知識と経験がある人を対象とし、ドローンを活用したビジネスを行うにあたり、ビジネス初級レベルの知識と飛行技術が修得できます。

 

◆修了率はどのくらいでしょうか。

フライトコースの修了率は質の高いインストラクターが熱心に指導するので、今まで全くドローンに触れたことがないような方でもほぼ100%修了されています。

ビジネスコースは最終的にビジネス初級レベルの知識と飛行技術が求められ、その修了率はおよそ90%台後半くらいが目安となります。

但し、受講期間内に既定の項目を一定数クリアできなかった場合でも、スキルアップコースという補習コースがあるので最終的にはほぼ100%となります。

 

取得資格に関して

◆ドローンスクールジャパン(DSJ)の資格や受講証に関して教えてください。

DSJの認定資格は、フライトコースを修了すると『DSJ 一つ星認定』とその認定証が与えられます。

ビジネスコースの場合は、『DSJ 二つ星認定』とその認定証が与えられます。

 

◆ドローン操縦士協会(DPA)の資格に関して教えてください。

ビジネスコースを修了すると、DPAの『ドローン回転翼三級』の申請資格が得られます。

申請料を支払い、規定のe-learningを受講し合格すると、『ドローン回転翼三級』の資格が得られます。

 

◆受講すると得られる資格は国会資格ですか。

現時点ではドローン操縦技術に関する資格はどのスクールでも全て民間資格です。したがって、ドローンスクールジャパンのカリキュラムを修了後に得られる資格は、民間資格認定団体のドローン操縦士協会(DPA)から認定される民間資格です。

しかし、DPAは国土交通省登録の資格認定団体なので、ビジネスコース(またはビギンズコース)を修了後、DPAに申請して得られる『ドローン回転翼三級』を取得すると、国土交通省へのドローンの飛行許可申請の一部書類の記載が免除されます。

 

ドローン関連ビジネスに関して

◆ドローン関連のビジネス市場はどの程度あるのでしょうか?

コンサルティング会社PWCの調査によると、2015年のドローン関連ビジネスの世界市場は15.2兆円となっています。そして今後益々市場は拡大していくことは間違いありません。

 

◆仕事でドローンを活用できるようになるにはどのコースを受ければよいですか。

ビジネスコースはドローンを活用したビジネスを行うにあたり、ビジネス初級レベルの知識と飛行技術が身に付きます。その他、空撮技術の初歩やその編集技術も含まれていますので、ビジネスコースまで受講することをお勧めします。

 

その他

◆ドローン操縦士協会(DPA)とドローンスクールジャパン(DSJ)、そしてDSJ日本橋校との関係を教えてください。

ドローン操縦士の資格認定機関がDPAで、DPAの規定に基づいて各種カリキュラムの講習を実施する講習団体(=スクール)がDSJという関係です。

そして、ドローンスクールジャパン日本橋校はDSJ傘下の1スクールにあたります。